top of page

​最新情報

2024年7月17日

【西から帰京】

一歩早い 暑中お見舞い申し上げます。
梅雨明けが待ち遠しいです。

大阪 国立文楽劇場で 深山桜恋の舞いで、蝶を観る目線も祖父に教わった通りの目の遣いかたができ 踊って参りました。 足腰を鍛える事が舞台を勤めるには必要な条件と思い、毎日7,000〜8,000歩を目標に歩いています。
秋には利休役を演じる為に 心穏やかに準備をしたく考えております。
くれぐれも熱中症にお気を付け 秋を楽しにお待ちくださいませ。             

与一

【西から帰京】

2024年6月30日

【7月のよいち塾】

梅雨に入り大雨で驚く日がありますが皆様お変わり御座いませんか?
7月のよいち塾のご案内です。
師匠である長谷川一夫がある舞台の時  緞帳に向かい頭を下げていたので「親父何をしてるのか」と聞いたら「俺は三波春夫ではないからお客様は神様とは言えないだろう。だからこうしてお客様にお礼を言っているのだ」と言われ人気役者は違うと、それらも学びました。
塾においてこれら学んだことなど質問に対応いたします。     

      記
日程 7月21日 日曜日
時間 14時30分より
会費 500円
会場 杉並区高円寺北3-25-7 パークサイドハイツ1階

【7月のよいち塾】

2024年6月27日

【お知らせ】

年を重ねると歳月の流れが早く感じるものです。 東京にも梅雨がやって来ました。
ここの所 各方面から 時代の変化による取材の申し込みを頂いております、又 今まで出たことの無い前進座からも出演依頼をいただき誠に有り難く思っております。 新鮮な気持ちと新たな勉強とで身が震える思いがしております。 昨日は10年以上も参拝をご無沙汰していた 椿大神社の青葉が雨に濡れ清々しい 参道を歩き本殿をお参りし 宮司さんの有難いお話を伺い身が清められた思いがいたしました。 私が教わり勉強してきた事 時代劇 舞台における 決まり事 本物の所作 舞台上での礼儀 偉そうな事を言うわけではないのですが考え新たに勉強したい気持ちになりました。
若い時とは違い 仕事も大事 頭を休める事も大事 やってみようかな〜

【お知らせ】

2024年6月4日

【御礼とご報告】

『殺陣師一代』大好評を頂きまして一昨日無事に幕がおりました。 嬉しい感想を頂きまして頑張る意欲が湧いて来ました。 観劇にお越し頂いた皆様 また 地方から お運びいただいた方々 誠にありがとうございました。
11月には前進座公演に 利休役で出演させていただきます。 日本の大きな劇団 歌舞伎 新派 新国劇 そして今回の前進座に 出ることにより大きな劇団を制覇する事が出来ます。 これも諸先輩方々の教えをいただいての今日で御座います。 これからも精進し頑張る所存でございます。

【御礼とご報告】

​一般社団法人日本伎藝文化振興会

bottom of page